ペット火葬のひかりペット霊園
  トップページへ
  ・ 合同慰霊祭
  ・ 納骨堂に納骨する
  ・ 慰霊堂に埋葬する
  ・ お墓を建立したい
  ・ 粉骨加工について
  ・ その他

  ・ メモリアル手形
  ・ お位牌
 
  ・ 良くある質問 ( Q&A )
  ・ お問い合わせ

  ・ ひかりペット霊園は
       どんなところ?
   
  ・ 霊園所在地と周辺地図

 
  ・ リンク集
ペット火葬・葬儀割引クーポン
  割引クーポン印刷用ページ
  セレモニー料金より5%割引


一般社団法人全国ペット霊園協会
正会員
ペット火葬のひかりペット霊園
  ひかりバーチャルペット霊園
 

まず何をすればいいの?

安置の方法

まずは湿らせたタオルなどで、体の汚れを拭き取り、きれいにしてあげましょう。
口や鼻、お尻等の穴から体液や血液などが出てきている場合がありますが、自然なことなので、落ち着いてきれいにしてあげてください。
体がきれいになったら、風通しの良い場所に、段ボール箱や生前愛用していたケージ等を用意して下さい。
その中にペットシート、シーツ等を敷き、亡くなった子を寝かせ、タオルなどを掛けてあげましょう。
(個体差はありますが、死後2〜3時間後から身体の硬直が始まります。 この硬直はその後半日程度で少しずつ解けて行きますので、硬直中には決して無理に身体を曲げたりしないでください。)
夏場など気温の高い時期は、「ビニール袋に入れた氷」や「保冷剤」などを用意して、特に お腹のあたりや頭の部分を冷やしてあげて下さい。
この際、保冷剤は乾いた薄手のタオルなどにくるんであげてください。
水分が直接身体に触れていると、ご遺体の状態が悪くなるのが早くなってしまいます。

亡くなったその日は

亡くなった当日は、家族みんなでお別れ(お通夜)をしてあげて下さい。
お通夜と言っても、何も特別にかしこまったことをする訳ではありません。
その子の好きだった食べ物や、お気に入りだったおもちゃ、写真などをお供えして、家族みんなで想い出を振り返りながら「がんばったね」と褒めてあげましょう。
このとき、お線香をたいてあげるのも良いでしょう。

気持ちが落ち着かれたら

安置が終わり、少し気持ちが落ち着かれたら、亡くなった子を心安らかに送ってあげるためのセレモニー(葬儀)のやり方を考えてあげましょう。
ひかりペット霊園では、大きく分けて 【 レギュラー葬 】・【 スタンダード葬 】・【 デラックス葬 】の3つのコースから選ぶことが出来ます。

それでは、それぞれのコースで、どのようにセレモニーを行い、料金はいくらかかるのか、次のページで具体的に見てみましょう。